蒲田・大塚・巣鴨・五反田・錦糸町・吉祥寺・高円寺・小岩のエステ・マッサージ街情報・関連サイトを紹介をしています。

風俗ソープ街とは?

ウィキペディア  ウィキペディア

東京・都内有数のピンクサロン密集地域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2009/08/27 02:32 UTC 版)


ピンクサロンの歴史

発祥は1960年とされている。
「ピンクキャバレー」や「ネグリジェサロン」などと呼ばれるおさわり専門の業態に、
口での“抜き”(フェラチオ)サービスを取り入れて現在の形が完成した。
1977年にブームとなり、1980年代に入ってからサービス内容が過激化していった。
かつては三経ロンドングループや日の丸グループが有名であったが、
現在東京都内では大きな看板を掲げているところは少ない。

巣鴨の歴史

江戸期には武蔵国豊島郡に現在の豊島区の東半分を占める地域に巣鴨村が存在した。

18世紀半ばには江戸市中の拡大と共に、
巣鴨村の一角に巣鴨町上組・中組・下組が起立。江戸町奉行所の支配下に置かれることとなった。

1878年(明治11年)7月22日、
郡区町村編制法により巣鴨一~四丁目(旧巣鴨町)が小石川区(現在の文京区)に編入される。

1889年(明治22年)4月1日、市町村制が施行され、
東京府北豊島郡に巣鴨町と巣鴨村が発足。元来の巣鴨村は東西に二分され、
巣鴨町に小石川区巣鴨一~四丁目・上駒込村・駒込妙義坂町・駒込染井町、
小石川区大塚辻町の飛地、
巣鴨村に池袋村・新田堀之内村と雑司ヶ谷村の一部及び堀之内村・中丸村・長崎村のそれぞれ飛地を編入。

1918年(大正7年)7月20日、巣鴨村が町制を施行し西巣鴨町と改称。

1932年(昭和7年)10月1日、巣鴨町・西巣鴨町共に東京市に編入され、
高田町・長崎町と共に豊島区の一部となる。したがって、
今日「巣鴨」といえば巣鴨駅・高岩寺周辺の一帯のみを指すが、
元来は駒込駅~池袋駅一帯を指すかなり広い範囲の地域名である。

吉祥寺の歴史

「吉祥寺」という名前は、江戸時代に水道橋付近にあった
吉祥寺(東京都文京区本駒込)諏訪山吉祥寺に由来する。
明暦の大火ののち、同寺の門前町の人々は居を失い、
万治2年(1659年)吉祥寺の浪士、佐藤定右衛門、
宮崎甚右衛門が土着の百姓・松井十郎左衛門と協力して
現在の武蔵野市一帯を開墾し吉祥寺門前の町人達を移住させた。
吉祥寺に愛着を持っていた住人たちが、この地を吉祥寺と名付けたことから、
五日市街道(東京都道7号杉並あきるの線)沿いに吉祥寺村が形成された。
そのため、武蔵野市吉祥寺に吉祥寺という名の寺院はない。文京区の本駒込にある。

玉川上水のおかげもあって広大な原野は農地へと変わり、のんびりとした農村地帯を形成していたが、
1923年(大正12年)の関東大震災を契機に多くの人たちがまたもや吉祥寺に移り住むことになり、人口が急増。
美しいケヤキ並木でも知られる成蹊学園が池袋から移転したこともあって、
農村から住宅街、そして多くの商店や学生で賑わう街へと変貌を遂げることになった。

吉祥寺には古くから安養寺、光専寺、蓮乗寺、月窓寺、4軒の寺が集まる寺町である。
とくに寺が集中している武蔵野八幡宮(八幡神)の
付近の地域を四軒寺と呼ぶようになっていったと語り伝えられている。
ゆえに四軒寺という名前の寺があるわけではない。
東京都道116号関町吉祥寺線(吉祥寺通り)と女子大通りの交差点を四軒寺交差点と称する。

高円寺の歴史

かつては高円寺村と呼ばれていたが、
それより以前の江戸時代初期まで当地は『小沢村』と呼ばれていた。
徳川三代将軍・徳川家光が鷹狩りでしばしば村内を訪れ、
村内にある宿鳳山高円寺に度々休憩に利用した。
家光はこの寺院が気に入り、ついには境内に仮御殿が作られるようになった。
そのような経緯からやがて寺の名前が有名になり、
正保年間の頃には当地の地名が小沢村から寺の名前に因み高円寺村に変更され、
これが現在の「高円寺」の地名のルーツになった。

大塚の歴史

旧小石川区北西部の通称大塚地区内の大塚町、
大塚窪町、大塚仲町、大塚坂下町、大塚上町、大塚辻町および氷川下町などを合併して誕生。
地名は古墳に由来しているという説がある。
1629年(寛永6年)にはこの名があった。豊島郡小石川村の小名として広く呼ばれていた。

ピンクサロン密集地帯関連サイト

イースポット 錦糸

葛西デリヘル錦糸町エステ・マッサージ情報
イースポットネット

GoTop