すすきののエステ・マッサージ街情報・関連サイトを紹介をしています。

風俗ソープ街とは?

ウィキペディア  ウィキペディア

北海道・すすきの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2009/08/27 02:32 UTC 版)


すすきの

すすきの(Susukino)

北海道札幌市中央区にある歓楽街である。
薄野、ススキノとも表記される。
歌舞伎町(東京都新宿区)、ススキノ、中洲(福岡市)を称して日本3大歓楽街と呼ばれる事もある。

現在はすすきのという正式な地名はないが、
すすきの交差点、すすきの駅(札幌市電、札幌市営地下鉄)などの名称として広く用いられている。
すすきのという地名が示す地域の範囲は曖昧であるが、
すすきの観光協会では、南北は南4条の都通から南6条の間、東西は西2丁目から西6丁目の間と定めている。

薄野という地名の由来は諸説ある。
周辺にススキが生い茂っていたから、という説が広く知られているが、
他にも当時の開拓判官であった岩村通俊が遊郭建設に携わった
開拓監事の薄井龍之の名をとって命名した説などがある。

なお、神奈川県横浜市青葉区のすすき野とは無関係である。

歴史

1871年、北海道開拓使が現在の南4・5条、
西3・4丁目の区画を遊廓地帯に指定した事が歓楽街の始まりである。
開拓使はこの区画を「薄野遊郭」と命名し、
周辺に点在していた旅籠(実質的な売春宿)を当地へ移転させた。
開拓使による売春街建設の理由として、
開拓に従事する労働者を札幌に繋ぎ止める必要があったことなどが考えられる。

翌年には開拓使によって薄野遊廓の周囲900 mに高さ1.2 mの土壁が造られ、
西3丁目と西4丁目の間には大門が設置された。
同年秋には新政府から芸娼妓解放令が発令されたが、
遊女屋が貸座敷などに呼び名が変更されたくらいで、実質的には大きな影響は無かった。
その後、公娼制度の確立とともに、薄野遊廓の周辺は歓楽街として順調に発展した。

1901年には札幌区会によって薄野遊廓の鴨々川上流地区への移転が決議された。
薄野遊廓の周辺に小学校や女子職業学校があったことがこの理由であった。
しかし業者などの協力が得られなかったことから、移転はほとんど実行されなかった。
1918年には薄野遊廓からほど近い中島公園で開道50周年記念北海道博覧会が開催されることもあり、
薄野遊廓移転の話が再度持ち上がった。移転先は現在の白石区菊水地区とされた。
移転は北海道博覧会の開催には間に合わなかったが、2年後の1920年夏に実現した。

すすきのから売春宿は無くなったが、代わりに料亭、カフェー、映画館などが誕生し活気付いた。
戦時中は活気も失われるが、
戦後まもなくキャバレーやダンスホールなどが誕生し、駐留アメリカ兵も多く出歩き賑わった。
すすきのは売春が公認された赤線ではなかったが、
実態として多くの飲食店が違法に売春の斡旋を行っている青線であった。

1958年には売春防止法が制定されたが、すすきのから売春は無くならなかった。
すすきの周辺の路上にはツブ焼き屋台などの露店が立ち並んでおり、
これらが売春斡旋の温床となっていたが、1964年の行政による強制撤去により露店は姿を消した。

1960年代後半には札幌オリンピックの開催が決定したため、札幌は好景気に沸いた。
1970年前後はすすきのの中央を貫く札幌駅前通が拡幅され、
地下鉄南北線や地下街ポールタウンが整備された。
1974年にはすすきの地区初の百貨店、松坂屋札幌店(現ススキノラフィラ)が開店、
すすきの地区も商業地区へ変貌を遂げた。その後もすすきのには多くのビルが建設され、
そこに多くのクラブやバー、キャバレーなどが入居した。代表的だったのは、
1971年開店したキャバレー「札幌クラブハイツ」(2008年2月現在営業中)と翌年開店の
「エンペラー」(2006年9月閉店)、1974年開店した東京資本の
マンモスキャバレー「ミカド」(1982年春撤退・跡地はキリンビール園)などである。
2008年2月現在、国内で300坪超のキャバレーは前述の「札幌クラブハイツ」と新宿歌舞伎町の
「歌舞伎町クラブハイツ」(経営会社は同一)以外には残っていないと思われる。
1970年代後半からはディスコブームに乗って多くのディスコが誕生した。
これに伴いナイトクラブは衰退した。

1980年代にはビジネスホテルが次々と建設された。
1986年には天然温泉が掘削された。これは「すすきの温泉」と呼ばれ、周辺のホテルで利用されている。
現在は、飲食店、エステ・マッサージ店、ホテル、娯楽施設などが混在する歓楽街として全国的に知られている。

GoTop